MC─薬剤師のお仕事

MC─薬剤師のお仕事

MC-薬剤師のお仕事は株式会社メディカル・コンシェルジュが運営する薬剤師専門の求人サイトです。株式会社メディカル・コンシェルジュの社長は医師です。医療系求人サイトを運営している会社の社長が医師というケースはほとんどありません。また株式会社メディカル・コンシェルジュは、医師や看護師・介護関連職など医療関連の人材サービスも運営している会社です。

拠点は全国に14カ所。北から順に札幌、仙台、さいたま、東京、千葉、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、高松、福岡の各都市となっています。首都圏だけでなく地方都市の求人も豊富に掲載されているのは、全国各都市の活動があるからです。

一方、転職希望者はさまざまな疑問や悩みを抱えています。希望にあった仕事を一人で探すには、限界があります。転職サービスなどの利用をお勧めします。MC-薬剤師のお仕事では、きめ細かに転職希望者の疑問に答え悩みの解消をサポートしています。

よくある悩みは以下の通りです。

「子どもの送迎に間に合う時間で勤務したい」、「未経験だけど臨床開発モニター(CRA)として勤務したい」、「半年後に留学するので、それまで働きたい」、「調剤は未経験だが、調剤薬局で働きたい」、「病院薬剤師として仕事がしたい」、「未経験だけどDI業務に就きたい」、「未経験だけど治療コーディネーターとして勤務したい」、「すぐには就職は就職しないが、仕事に関するいろいろな相談に乗って欲しい」、「企業の管理薬剤師として勤務したい」、「薬剤師の知識・経験を活かしてデスクワークがしたい」、などなど。

コンサルタントはたくさんの薬剤師と接しているので、自分一人では考えつかない視点でのアドバイスが可能です。さまざまな相談を通して話し合う中、新しい側面や隠された能力が見えてくるといいます。

20012年3月には、6年制薬学部の卒業生が社会に巣立ちます。これにより、約10,000人の新しい薬剤師が働き始めることになります。そのためここ2年活況だった中途採用の「求人が冷え込むのではないか」との懸念する声があります。

しかし問題はそういうことではなく、これからは量ではなく質が問われる時代になろうとしているのだというのが、MC-薬剤師のお仕事の考え方です。


たとえば就活一つをとっても、自分の経験やスキルが採用側にきちんと評価されるスタンスが必要なのです。そのためにも、今現在の自分の評価を客観的な目できちんと知ることが大切になってくるわけです。

MC-薬剤師のお仕事の就業までの流れは、オンライン申込→希望ヒアリング→仕事の案内→就業決定→アフターフォローとなっています。その間、専任のコンサルタントがきめ細かに対応しています。せっかくの専任なのですから、どんどん相談かつ利用し、客観的な自分の評価を知り、質を高め、将来在るべき薬剤師の姿を模索しましょう。コンサルタントは親身になって相談に乗ってくれます。







▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2017 薬剤師転職ランキング【人気No.1転職サービスはココだ】 All Rights Reserved.